【Excel時短術】1つ上のデータと同じ内容を入れ込む方法

Excelで売上データやその他、俗にいうCVSデータ等
集積されたをサーバーから引出し、「さ、編集しよう」というその時、
下記のデータのように、空白があったりすると絶望しませんか?
また、そんな経験ありませんでしょうか?

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む1
(例1)サーバーからデータを取り出すとこういう事ありますよね。同じデータが下に並ぶ場合、空白なっている事。


元データとして活用するには、
空白を全て埋めたいが、最も良い効率は…と考えている時に
参考になる方法をいくつかご紹介します。
 

広告

①【ジャンプ機能 + 数式の貼付け】

 
この方法が最も効率的でオススメだと私は思います。
上の図(例1)で話を進めますと…
 

1.「B3」に [ =B2 ] と記入する。

2.「B3」をセルごとコピーする。

3.「Ctrl + A」で表全体を選択する。

4.「Ctrl + G」でジャンプ機能を呼び出し、空白のセルを選択。

5.選択されたセル上で「右クリック → 数式貼付け」

これでFinish!! 終了です。

1~5を実際の画像を見ながら
やってみましょう!実演実演~
 

1.「B3」に [ =B2 ] と記入する。

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む2
既にデータが記入されている任意のセル(今夏の場合は「B2」のセル)に
「= “一つ上のセル” 」と記入する。(今回の場合は「=B3」)

 

2.「B3」をセルごとコピーする。

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む8
「Ctrl + C」で普通にセルごとコピーします。

 

3.「Ctrl + A」で表全体を選択する。

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む3
「Ctrl + A」でセル全体を(或いは空白を埋めたい部分を)選択します。

 

4.「Ctrl + G」でジャンプ機能を呼び出し、空白のセルを選択。

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む4
「Ctrl + G」で ” ジャンプ機能 ” を呼び出します。「セル選択…」をクリック。
Excel_時短_上と同じデータを入れ込む5
次の表示で、「空白のセル」を選択し、「OK」をクリック。

 

5.選択されたセル上で「右クリック → 数式貼付け」

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む6
すると、空白のセルのみが選択されますので、空白のセル上で「右クリック」→「数式の貼付け」を選択すると…




めでたく空白のセルにデータが全て記入されます。
原理から行けば「確かにそーなるよね!」という事を
【ジャンプ機能 + 数式】を活用して実行している、
そんな時短術です。


 

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む7
慣れるとすごく簡単! しかも早いです!!

 

ちなみに・・・ほかの方法もご紹介。
 
 

②【オートフィル】機能を使う

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む9
右下隅に出てくる「+」をダブルクリックすると、ズラッと出る”例のヤツ”ですが、これだと①よりも時間が掛かります。

 
こちらはあまりお勧めしません。
理由は時間がかかり過ぎる為です。
『空白を埋める箇所・行為が1回きり or わずか』、というのであれば別ですが…

しかも、連続データだと認識されると、この表で行けば
4/1 4/2 4/3 4/4・・・と連番なってしまう場合があります。
何度も修正する羽目に…悪しからず。
 
 

③【ショートカット「Ctrl + D」】を活用する

Excel_時短_上と同じデータを入れ込む12
コピーしたいセルを一番上として下に選択範囲を広げて、内容をコピーしたい範囲までで止める。
止めてから「Ctrl + D」で内容コピー。

 
これもあまりオススメ出来ません。
理由は②と同じで、時間がかかり過ぎる為です。
これまた
『空白を埋める箇所・行為が1回きり or わずか』、というのであれば別ですが…


以上になります。
お役に立てれば幸いです。
  

広告