【4等分】ExcelでA4用紙を4等分する

Excelで【A4用紙を4等分してください】
と依頼される事なんてありませんか?
しかも綺麗に等分となるとハードルも高いはず。

今回は
ExcelA4用紙】を【4等分】する方法
を記載していきたいと思います。
 

広告

Excelを4等分する(Excelバージョン2016)

実は非常にアナログ(?)な方法でできます。
 ※紹介しているのはVer.2016です。

Excel_4等分_6
印刷向きが、画像左 =「縦」、画像右 =「横」

例えば、用紙:縦(4cm)×横(2cm)ならば、
【縦(2cm) & 横(1cm)】の縦ながの長方形を4枚並べる
上の図は、そんなイメージ兼完成図です。手順は以下になります。
 ※以下の手順はすべて印刷向きが「縦」のモノですが、横でも基本は同じです。
文字であらわすと次のようになります。

1.用紙のサイズを把握( [A4] or [B4] or …?)
2.Excel表示を[ ページレイアウト ] へ変更
3.余白、ヘッダー・フッターを「」へ
  (※「水平・垂直」も設定すると良い)
4.列幅・行高さ」を指定
  (※A4なら [列幅9.3cm] x 2列 + [行高さ13.35cm] x 2行)
5.列・行の1か所ずつに空欄を入れる
  (※空欄は [列幅0.8cm] x 1列 + [行高さ1.0cm] x 1行)

※上の要領で作成したファイルはこちらになります。
 お使いのPCでうまく寸法が出ていれば良いのですが、宜しければご参考に。

以降は、実際の作業画面を切り抜きましたので、
図解します。
 

【図解】Excelを6等分

A4用紙のサイズを把握しよう

Excel_10等分_1
印刷画面から確認することができます。

A4用紙を6等分するには、

A4用紙の縦・横のサイズを把握し、
 ※A4用紙:縦(29.7cm) × 横(21cm)
それをExcel上で(cm単位で)等分するだけ

A4用紙のサイズ(他の用紙サイズ)の確認方法は
上のように印刷画像から確認すると良いでしょう。
もちろんA4以外のサイズも調べられますからね。
 

『ページレイアウト』に設定

方法は2通りあります。
[ 表示 ] → [ ページレイアウト ] をクリックする
具体的には、下の①の部分をクリックする。
あるいは
②の部分をクリックして表示を変えてください。
 

Excel_10等分_2
Excel_10等分_2-2
Excel_10等分_3
クリックするとExcelの表示(Display)がこのように変わります。

 
これで印刷ページ(A4)一枚分がどれくらいの範囲になるか、
一目で分かるので便利です。
 

余白を調整(無くす)

Excel_10等分_5-4
水平・垂直も設定してください。

フッター・ヘッター含めて、余白をすべて「0」にします。
 ※「水平・垂直」設定もしておいたほうが良いです。
デフォルトは余白がありますので、設定が必要と思います。

これも方法は2通りあります。
[ ページレイアウト ] → [ 余白 ] → [ ユーザー設定 ] をクリック
具体的には、下の①の部分をクリックする。
あるいは
印刷ページから
[ ページ設定 ] → [ 余白 ]から設定
具体的には②の部分をクリックして余白を変えてください。
 

Excel_10等分_5-3
Excel_10等分_5-2

「余白を0にしないと絶対にできない」か、というと
そうではありませんが、計算しやすいです。
 

余白「0」設定でも余白は存在する?!

また、たとえ「0」に設定しても、実際は余白はいくらかあります。
 ※Excelのバージョン2016においては。2019ももしかしたら。
下の図をご覧ください。

Excel_4等分_1
余白設定ですべて「0」に設定しても、実際には余白があります。

 
これは余白設定ですべて「0」にした際の図です。
実際に①と②で余白が確認できますよね?

実際の余白:
 (縦)の部分 = 約1.0cm
 (横)の部分 = 約0.8cm

8等分する際にはこれを計算に入れる必要が出てきます。
これを踏まえて次は「列・行」の数値を調整します。
 

「列幅・行高さ」を調節する

それでは縦の列から
細かい数値を見ていきましょう。
下記の図と、説明をご覧ください。
 

Excel_4等分_2.
【2行 × 2列】のレイアウトの場合
Excel_4等分_3
あいだに入れる余白は、両端の余白(A4の場合、約0.8cm)と同等が収まりが良いです。

まず、列の幅ですが、
仮に上の図のように【2行 × 2列】で
レイアウトを敷くとすれば、

2列にする場合の【一列の幅】は
( 21.0cm - 0.8cm × 3 ) ÷ 29.3cm
(A4横幅 - 余白3つ分[両端+中央]) ÷ 2列分 = 1列の幅
つまり、
9.3cm × 2 + 0.8cm × 3 = 21.0cm
2列分 + 余白3つ分 = 21.0cm(A4の横幅)


次に【横の行】について、数値を見ていきましょう。
下の図と説明をご確認ください。
 

Excel_4等分_5
4分割する際の【2行 × 2列】レイアウトの場合
Excel_4等分_4
あいだに入れる余白は、上下の余白(A4の場合、約1.0cm)と同等が収まりが良いです。

 
列と同じ具合に考えて、

【一行の高さ】は
( 29.7cm - 1.0cm × 3 ) ÷ 2 = 13.35cm
(A4縦 - 余白3つ分[両端+各行間]) ÷ 2行分 = 1行の高さ
つまり、
13.35cm × 2 + 1.0cm × 3 ≒ 29.7cm
2行分 + 余白3つ分 = 29.7cm(A4の高さ)

※上の図の数値で設定すると、
 例えば、
 ・1行 = 13.35cm → 13.34cm
 ・1余白 = 1.0cm → 0.99cm のように
 若干(0.1~0.2cm)の修正が入るかもしれませんが、
 問題ございません。

 
これで出来上がりです!
あとは印刷でレイアウトを確認してみて下さい。

Excel_4等分_6

A4用紙に均等にびっしり敷き詰まっているはずです。
 ※バージョンは2016です
以上になります。

広告