数式を見つけ出す方法【検索とジャンプ機能】

どこかに不必要な数式が入っているかもしれない
或いは
リンクがかかっている数式があって探し出したい
という事が、データをまとめているとあるかと思います。
例えば、Excelを開いた直後に以下のような表示に出くわしたことはありませんか?
それはどこかの数式が他のBookからデータを引っ張ってきている状態です。

Excel_数式検索_6
Excel_数式検索_8
Excel_数式検索_7

こういったリンクを解くには、数式を探し出さなければなりませんが、
今回は、データ中の数式を探し出す方法について記載していきます。
 

広告

【検索機能】or【ジャンプ機能】を使用する

Excel_数式検索_1
D列に合計の数式が入っている表です。今回はこの上の表を使っていきます。

例えば、上の図で数式が入っている箇所を探し出すとします。
まず数式を検索する範囲を選択します。
そのあとは、方法は【検索機能】か【ジャンプ機能】を使用して探せます。
 

【検索機能~ [Ctrlキー] + [F] 】を活用する

Excel_数式検索_9
調査したい範囲を選択して、[Ctrlキー] + [F] 等で、上の図のように、検索窓を表示させます。

数式が入っているかどうか、調べたい任意の範囲を選択し、
ショートカット[Ctrlキー] + [F] を使って、検索窓を表示します。その後、

 ◆『検索文字列』に・・・ ” ” を記入する
 ◆『検索対象』 を・・・ ” 数式 ” を選択する
  →【すべてを検索】をクリックする

 

Excel_数式検索_10
調査した範囲にある数式の詳細を表示してくれる

 
すると、上の図のように、
数式の内容や、セルの位置、等の詳細がすべて検出されます。
【検索場所】を「シート」→「ブック」にすれば、Excel内すべてを調査してくれます。
 

【ジャンプ機能~ [Ctrlキー] + [G] 】を活用する

Excel_数式検索_2
[Ctrlキー] + [G] でショートカット
Excel_数式検索_3
数式の下の「数式/文字/論理値/エラー値」は目的に合わせて選択できます。

検索機能と同じく、まずは調査したい範囲を選択します。
次に、ショートカット[Ctrlキー] + [G] を使って、【ジャンプ機能】を表示します。
その後、

 1.『セル選択』をクリック
 2.『数式』  を選択する

これで、数式が入っているセルを選択する状態までもって行けます。
当たり前ですが、このジャンプ機能は数式が入っていないセルは選択されませんので、
例えば、下の画面のように、[D4] と [D6] 部分をあえて数式を外した状態でも、
ちゃんとそれ以外の数式が入った部分 [ D3 / D5 / D7 ] を的確に選択してくれます。
 

Excel_数式検索_4
D4とD6セルは数式を外した状態
Excel_数式検索_5
この状態でジャンプ機能を使うと画面のように、D4とD6は選択されない。

 
以上になります。
何かのお役に立てれば幸いです。

広告