【右クリック】のショートカット方法

マウスを使用せず、【右クリック】を実行する方法は
キーボード上の右下にある

右クリック_ショートカット_4
ノートパソコンのキーボードで見るとこんなところに位置しているボタンです。

を押すと実行できます。
大概、右Ctrlキーの隣に位置しています。
このボタンは『メニューキー』と呼ばれるボタンだそうです。

右クリック_ショートカット_8
キーボード上ではこんなアイコンです。

今回はこの『メニューキー』ボタンを押してできるショートカットを
ほんの一部だけ列挙していこうかと思います。
 

広告

『メニューキー』活用の一部

■『メニューキー』→『P』=【貼付け
■『メニューキー』→『V』=【貼付け
■『メニューキー』→『F』=【数式貼付け
■『メニューキー』→『R』=【書式貼付け
■『メニューキー』→『U』=【図として貼付け

個人的には【値貼付け】【数式貼付け】は良く使います!
その他、
オプション表示の () 内のローマ字で調べる事が出来たり

右クリック_ショートカット_2

任意のアイコンにカーソルを充てると『メニューキー』→『』で
ショートカットできるかを教えてくれます。
是非、試してみてください。
 

右クリック_ショートカット_1
右クリックで表示されるオプション一覧です。
( “ローマ字” ) の表記が無い箇所も、カーソルを該当の箇所に合わせると( “ローマ字” ) が現れます。

どうしてキーボード上で操作にこだわるか?

キーボード操作のみでパソコンを操作することで
(キーボードから手を放さずに操作することで)
実は、パソコン作業はかなり「時短」となります。

メリットは時短だけではなく、

 ・出張が多く、なるだけマウスは使用したくない
 ・PCの指でカーソルを移動させるのが苦手な方
 ・ノートPCを使用し、移動の際は荷物をなるだけ減らしたい

こんな方面にもメリットが生まれます。
是非ご覧いただき、パソコン作業の改善につながれば幸いです。

今回は
パソコン操作で欠かせない【右クリック】のショートカットを
キーボード上の操作のみで動かしてみました。

いかがでしたか?
皆さんのパソコン作業の改善につながれば幸いです。
 

広告