図解【入力言語の追加】~誰でも簡単!~

外国語でメールを打ったり、資料を作成したりと
パソコンでのお仕事の幅は拡大の一途を辿っています。

とはいえ、
英語入力は通常デフォルトの状態でできてしまいますから、
つまるところ、日本語と英語以外の言語使用したい人向けとなりますが・・・
今回は自分のパソコンに日本語(と英語)以外の【入力言語を追加する方法】を
わかりやすいように図解しようかと思います。
 

広告

図解で誰でも簡単!入力言語の追加

言語の追加

言語設定_1
画像のように左下のWindowsスタートボタンから、設定[歯車のアイコン]をクリックする。
(もしくは、【Windowsボタン + 「I」】で設定画面へショートカットできます。)
言語設定_2
[ 時刻と言語 ] から入ります。
言語設定_1-1
言語設定_3-1
任意の言語を選択(写真は[ 英語(米国) ]を例にしています) 必要に応じて、追加で機能をインストールできます。

 

まずは、設定画面を開きます。
[ 言語 ] → [ 優先する言語を追加する ] を選択
追加したい言語を選択して、[ 次へ ]
任意の機能を選択して [ インストール ]

インストール前の画面では、言語をインストールするのと同時に
自分に必要なその言語の機能を追加する事ができます。
例えば、音声認識とか・・・、ま
特に追加選択しなくても、言語入力には問題ありませんので、そのままで
「インストール」でよいでしょう。
 

言語設定_5

インストールが完了したら、追加OKです。
 

追加した言語の並び替え・その他設定・削除

言語設定_7
ちなみに、写真の中文(新加坡)は「シンガポールの中文」です。

 
先ほどの [ 設定 ] の画面 → [ 言語 ] から任意の言語を選択して、

並び替えなら【↑/↓】を
削除なら【削除】
その他設定は【オプション】を
 ※私は中国語を仕事で使用しますが、「繁体字/簡体字」を切替えるのですが、
  その際に【オプション】を使用します。
  なお、この切替にはショートカットが存在します。
  ですが、ここではショートカットではなく、あえて手動の変換も下に記します。

言語設定1

上の画面 [ オプション ] から
 [ キーボード 入力方式エディター ] → [ オプション ] → [ 全般 ] → [ 文字セットを選ぶ ]
これで
 「繁体字/簡体字」を切替が可能です。
 

【入力言語の切替】について

追加した言語を使用する際には
切替が必要ですが、わざわざ [ 設定画面 ] から設定しなくても
ショートカットが存在します。下記の記事にまとめましたので、
ご参考になれば幸いです。
(中国語の場合、【繁体字⇔簡体字】の切替ショートカットも載せています)
 

 
以上になります。
 

広告